公爵家次男の異世界ハーレム
著者 日常男爵
イラスト アジシオ
価格 1200円(税別)
発行日 2016.9.1
カテゴリー ファンタジー おねショタ メイド
No. KN0011
ISBN 978-4-8015-2111-7
書籍を購入
電子書籍を購入
あらすじ
エールブレス国の誇りある公爵家のひとつ。マークメイン家の次男として育ったアルヴィンは、自分だけの屋敷を与えられ、専属メイドのノーラと、穏やかに暮らしていた。家督は兄が継ぐと決まっているし、国家にもとくに不穏な事態は起こっていない。幼いころから面倒を見てくれているノーラはいつだってアルヴィンの味方であり、なにもかもが上手くいっていた。しかし、父から突然、第三王女との縁談を聞かされ、性技の特訓を言い渡されてしまった。縁談といっても、三人の候補のなかから、お姫様自身が相手を選ぶらしい。その競争に勝つために、夜のテクニックを身に付けろというのだ。まだ若く、性にも疎かったアルヴィンの教育係を申し出たノーラと、さっそく初体験をすませてみても、ライバルと比べれば、まだまだ経験が足らなかった。しかし、公爵家の男としての義務に目覚め、決意を固めたアルヴィンは、年頃の好奇心も手伝って、積極的に女性との気持ちイイ行為を求めていくことに!